こうらクリニック 内 科 整形外科 呼吸器内科 小児科 アレルギー科 皮膚科
東京都世田谷区豪徳寺1-23-22 03-3425-2333

« 夏季休診のお知らせ・児浦クリニック | インフルエンザ予防接種実施中 »

粉瘤(ふんりゅう):アテロームについて

久し振りの更新です。読んで下さっている患者さまから「最近全然更新してないね」 とのご指摘があり、これはいけない、と更新しました。

さて、最近、クリニックで気になることは何かなあ、と考えたとき、そういえば、最近、「粉瘤」が腫れて治療にみえる方が多いなあ、と感じました。いつも感じるのですが、どうやら「粉瘤」には流行「はやり」があるようで、ひとり切開すると、立て続けに何人か患者さまが続くことがあります。現在も切開後の治療をされている方が、5人いらっしゃいます。教科書的には「好発時期」は特に記載されていません。

前後しますが、「粉瘤」とはいわゆる「おでき」の親分みたいなもので、真皮の嚢腫(のうしゅ:袋状の腫瘍)です。   わかりやすくいうと、普通、いわゆる「あか」になって落ちる皮膚の表面の角質が、皮膚の内側に出来た袋の中に溜まって膨れ上がる、いわゆる「おでき」の一つです。これがあっても特に問題無いのですが、毛穴から細菌が袋の中に侵入して、袋の中や周辺で感染を起こすと、もともとあった袋より数段大きく腫れ上がり、痛み!が出現するため、切開して、中に溜まったもともとの内容物と感染によって出来た膿を出してあげなければならなくなるのです。切開する前に自壊(じかい:自然に袋が破けてしまうこと)して、膿が出た状態で受診されるかたもいます。

このもともとあった「粉瘤」が細菌によって感染を起こして「腫れあがって」受診される方が、この一か月位に立て続けに多いのです。とびひ(伝染性膿か疹)も流行(はやり)がありますが、その流行とはまた、意味合いが少し違うような気がします。

しかし、この腫れ上がった時の切開は、根治ではないため、感染による炎症が落ち着いてから、嚢腫ごと摘出する根治術が必要になることが一般的です。

アテロームっぽい「おできの赤ちゃん」が体のどこかにある場合は、その部分が感染を起こさないように日常生活で注意をしなければなりません。自分では見えにくい背中やお尻に出来ることが多いですから、ご家族に見てもらって、怪しいな、と思ったら、早めにご相談下さい。腫れ上がると、痛い思いをするし、切開した後、1~2週間位は入浴出来ない場合もありますので、やはりこの時期、腫らさないようにすることが大切でしょう。 では、また。

トラックバック URL

コメント & トラックバック/ピンバック


【コメント】

お忙しいと思い、こちらに書き込みをさせていただきました。
先日、娘の首のしこりを診ていただいたのですが、まだ消えていません。いつになったら消えるのか・・・これは風邪からきているものと考えていいんでしょうか?おかげさまで鼻はだいぶよくなりました。
先生は、しこりについてそんなに気にしなくていいと思いますよ、とおっしゃっていましたが、はっきりと塊がわかるので触るとこわくなってしまいます・・・。
お時間ある時でいいので、なにかお返事いただけたらと思います。

ご心配のところ、メッセージの確認、お返事が遅れ失礼しました。
リンパ節腫脹(首のぐりぐり)の原因は良性のことが最も多く、その頻度は84%程度です。このうちの65%程度は細菌感染症やウイルス感染症(風邪など)によって起こる非特異的な腫脹(はれ)です。
大きさ的には直径1cm以下であればまず心配無いとされています。
大きくなったり数が増えたりしなければ、1ヵ月〜2ヵ月は経過を見てみましょう。必要があれば血液検査も出来ますのでご相談ください。
メッセージ有り難うございました。 児浦クリニック

性器のところにできものがあります。数日まえは小さかったのがちょっとの時間で大きくなりました。1センチぐらいで白っぽく見え、黒い点みたいなのもあります。これってアテロームの可能性は高いでしょうか?部分が部分だけに病院に行けなくて困ってます。
性器にあるできものを除去するのに切開ではなくくり抜きはできますか?くり抜きってあんまり聞いたことないんですが、どこの病院でもできますか?

診察してみないとはっきりしたことは申し上げられませんが、お話しからするとアテロームの可能性はあると考えます。陰部に出来ることは珍しくありませんし、腫れた腫瘤の中央部に「黒い点」があるのであれば、そこが「袋」の開口部(巾着の出口)である可能性があります。少し回りをそっと押してみてその点からにゅるにゅると白い内容物(臭います)が出て来るようでしたら可能性はかなり高いです。
赤く腫れ上がって痛みがあるようでしたら感染を起こしている可能性がありますので、受診して消炎鎮痛剤、抗生物質の内服をし、抗生剤の外用で処置をする必要があると思いますし、場合によっては切開排膿が必要なこともあります。適切な処置をしないと場合によっては自壊といって自然に破れて中身が出て来てしまうこともあります。
ここでの「くり抜き」はアテロームを袋事取り出すことをおっしゃっていると思いますが、これは感染を起こしていないことが前提ですし、形成外科的な専門手技が必要なためどこでも出来るというわけではありません。病院の「形成外科」であれば可能だとは思います。
陰部であると粘膜面に出来ている場合は違う病気の可能性もあるため、やはり早めにきちんと受診をされたほうが良いかと思います。

黒い点はどのくらいの大きさなんですか?周りを押しても白いものは出てきません。
脂肪の塊ってことはありますか?
透けて見えるって言うよりは、白いものも見えますが、皮膚と同じ色のところもあります。

毛穴の親分のようなものですから、小鼻の黒ずみを少し大きくしたようなものでしょう。あとは実際に診察してみないとこれ以上のコメントは難しいです。間違ったことをお伝えしてもいけませんし。

こんばんわ。初めて書き込み致します。私の粉瘤のできた場所は鼠径部の少しだけ内側に入った所、パンツラインですかね…そこに存在します。4月から今日までに何回、再発したものか… 今、錠剤と貼り薬を服用してます。腫れがひいたら次に袋を摘出しようと思ってたのですが、今日、貼り薬を変えようと思い、ガーゼを剥いだら、毛穴から膿が破けていたので手で膿をだしきってから、シコリの辺りも押し出してみたら白い糸みたいな長いものがビヨーンとでてきましたが、もしかして、これは袋ではないでしょうか?という事は、切開して袋を取る必要はないでしょうか?

粉瘤であれば、もともとあった内容物の一部かもしれませんし、おっしゃるように粉瘤の袋の一部の可能性もあるかと思います。袋ごと取り出す必要があるかないかは、今後の経過をみていかないと何とも言えません。今まで再発を繰り返しているようなので、また、袋が形成されて再発をする可能性はあります。お大事になさって下さい。児浦クリニック

コメント